🏢 YassLab 社の第2期活動まとめ

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
  2. Register RSS feed for YassLab's News

7月末で YassLab 社の第2期が終了し、8月から第3期に入ります。本記事では第2期をふりかえりつつ、注目点や今後の動きをまとめてみようと思います。

✅ 第2期の注目点

YassLab 社の第2期は、主力事業である開発支援事業とは別に、RailsチュートリアルやRailsガイド専門チームの立ち上げが大きい変化となります。

このチームが立ち上がったことで、様々な新サービスを継続的にリリース・改善できるようになりました。

学ぶ・創るを支えるサービス

(他の事業実績はコチラ)

📜 作るだけでなく、伝える

上記チームの立ち上げに加え、2019年4月に @Yuppyhappytoyou さんが入社し、開発支援事業や自社プロダクトの動きを伝えやすい体制にもなりました。

yuppy さんが書いた記事やツイートで YassLab 社のこと、RailsチュートリアルやRailsガイドのこと、CoderDojo のことを知った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

情報が多様化した現代では、作るだけではなく「伝える」部分も重要だと考えています。特に弊社は「技術」に関わる事業が多いため、「技術」をある程度知っていることが「伝える」ために必要です。

そういった状況において、「技術」に慣れていて「伝える」ことにも長けている yuppy さんの助力を得られたのは大きいなと感じています 😌

yuppy さんが書いた記事の例

(他のお知らせ記事はコチラ)

🤝 共に成長する

YassLab 社の特徴の1つに様々な法人・コミュニティと連携しながら事業を進めていくスタイルがあります。

中でも CoderDojo コミュニティとの連携は典型的で、「スポンサーではなくパートナー」「互いの良さを共に高め合う」事例として好評を頂いており、様々な企業が CoderDojo Japan とのパートナーシップを発表しております。

直近では東証一部の企業が運営する TOPSIC との提携が発表されましたが、この TOPSIC 開発者の1人はRailsチュートリアルでプロダクト開発を学んだ方でもあります。様々な場面で様々な人達が繋がっていることを感じますね 👥✨

ちなみに YassLab 社と CoderDojo の取り組みは海外からも興味関心を頂いており、8月下旬には英国ケンブリッジでも上記の取り組みについて発表させていただく予定となっています。

🏃 次のステップ

目下の目標は自社プロダクトを継続的に改善し、多くのユーザーに価値を届けられる持続可能な体制の構築です。

冒頭で述べた主力事業の開発支援事業と並行して自社開発も進めるということは、主力事業の売上を減らして将来の売上にコミットするという意思決定です。当然、これまでとは収支の動きが異なり、赤字を出しやすい体制になります。

自社開発への投資と転換

赤字の状態が続けば様々なリスクを負うことになり、恒常的に黒字だった頃とは異なる動きも起こるとは思います。もちろん「既存の事業だけをずっと続ける」という選択肢もありましたが、会社を次のレベルに成長させていくためには、新しいことにチャレンジし続けることが必要なステップだと決断しました。

いわゆる1つの正念場なのかもしれません。来年にはこの決断を後悔しているかもしれません。しかしこれを乗り越えた先により良い未来があると信じているので、今はひたすら前に進み続けてみようと思います。


ここまでお読みいただきありがとうございました。YassLab 社の第3期も引き続きよろしくお願いいたします :)

YassLab Inc.

  1. このエントリーをはてなブックマークに追加
  2. Register RSS feed for YassLab's News



2019年8月1日
書いた人: yasulab










最近のツイート